平成30年度 細木病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 241 59 19 24 46 73 135 228 282 147
当院は、乳幼児からご高齢の方まで、幅広い年齢層の患者様が、この病院で良かったと心から思ってもらえる、信頼される医療を提供していく努力を、日々行っております。
全体の年齢層としては70歳代~80歳代が多く、次いで、0歳~9歳までが多くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 33.24 17.66 20.69 88.17
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 25 19.48 12.58 16.00 73.64
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 16 8.06 5.42 6.25 60.94
100380xxxxxxxx 体液量減少症 16 27.31 9.12 12.50 83.88
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 9 25.11 11.45 100.00 59.67
心不全患者が多く、次いで腎臓または尿路の感染症患者となっている。昨年は肺炎が一番多かったが今年度は上位5位から外れている。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 71 4.93 5.42 1.41 5.68
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 52 5.75 6.19 1.92 1.94
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 6.65 5.71 0.00 2.35
030270xxxxxxxx 上気道炎 16 5.56 4.96 6.25 0.88
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 6.20 6.62 0.00 1.27
昨年と大きく変化はないが、小児患者数は減少している。平均在院日数は全国平均と同様になってきており、昨年度より少し伸びている傾向である。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 35 16.37 10.59 2.86 65.46
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 15 11.47 6.23 6.67 63.93
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 13 3.31 4.96 0.00 69.69
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 11 24.91 12.51 9.09 70.64
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 6 4.67 5.49 0.00 23.00
上位は乳房の悪性腫瘍で昨年度と変わりはない。年齢層も昨年と同様で60歳代が増加傾向である。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 25 48.60 24.26 12.00 74.68
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 19 45.89 19.61 26.32 77.89
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 18 61.83 26.30 33.33 82.28
160690xx02xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 経皮的椎体形成術 15 18.53 18.66 0.00 78.47
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 14 25.43 21.39 0.00 44.29
膝関節症、胸腰椎、股関節骨折で上位を占めている。年齢層も高いため、平均在院日数も昨年同様に全国平均を大きく上回っている。年齢層の比較的若い、脊柱管狭窄も増加傾向である。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x0990401 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 3 15.33 16.75 0.00 69.67
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 3 13.67 9.69 66.67 85.00
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 2 97.00 20.17 0.00 89.50
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 2 13.00 16.18 50.00 81.00
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 2 2.00 6.24 0.00 81.50
昨年同様に、脳梗塞の患者が多くを占めている。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 0 0 4 0 4 1 7,8
大腸癌 3 2 1 1 1 5 1 7,8
乳癌 22 6 6 4 11 1 1 7,8
肺癌 0 0 0 2 0 3 1 8
肝癌 0 0 0 2 0 1 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
ここ数年は、圧倒的に初発の乳癌患者が増加傾向である。胃癌と肺癌については再発が多い。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 14 13.21 56.43
中等症 35 22.43 81.23
重症 13 36.00 82.92
超重症 1 25.00 74.00
不明 0 0.00 0.00
昨年と比較すると、軽症患者が増加し、中等症患者は減少している。重症はほぼ変わりない。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 9 62.89 83.44 6.67
その他 6 131.17 73.50 6.67
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 21 22.33 43.33 66.67 82.05
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢に設置した場合) 13 151.92 110.77 15.38 79.92
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 13 34.15 246.92 7.69 78.54
K654 内視鏡的消化管止血術 4 1.50 5.00 25.00 71.25
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 2 1.00 6.50 0.00 91.00
昨年とほぼ同様の傾向である。術後日数も長い傾向である。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4761 乳腺悪性腫瘍手術(単純乳房切除術(乳腺全摘術)) 16 1.38 13.88 6.25 72.94
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 15 1.00 9.47 6.67 63.93
K6335 鼠径ヘルニア手術 13 0.15 2.15 0.00 69.69
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 11 1.45 16.36 0.00 67.27
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) 9 1.11 10.89 0.00 50.00
昨年と同様に、乳腺悪性腫瘍手術が多くを占めている。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 32 2.19 49.56 9.38 74.28
K142-4 経皮的椎体形成術 17 2.29 18.88 0.00 77.71
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 11 6.55 59.36 27.27 80.09
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 11 1.00 19.45 0.00 75.09
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 10 3.10 65.50 10.00 83.70
人工関節置換術が多い。その他の手術についても昨年とほぼ変化ない。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 3 10.33 13.67 66.67 89.00
K160-2 頭蓋内微小血管減圧術 1 1.00 7.00 100.00 54.00
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢に設置した場合) 1 22.00 191.00 0.00 95.00
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 2 0.50 3.00 0.00 1.50
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 2 0.16
180010 敗血症 同一 7 0.56
異なる 3 0.24
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 5 0.40
異なる 0 0.00
全体的には症例数は昨年と変わりない。重症化する患者が減少している。
更新履歴